メインバンク、秋田と北都で8割 地元金融機関、強さ目立つ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内企業のメインバンク(上位10行)

 帝国データバンク秋田支店がまとめた秋田県内企業約1万2300社のメインバンク実態調査(2017年)によると、トップは秋田銀行の51・83%(6354社)、2位は北都銀行の30・25%(3709社)だった。両行で全体の8割を占め、地元銀行の強さが目立った。

 調査は帝国データバンクの企業概要データベース(全国146万社)を基に集計。構成比は当該金融機関をメインバンクに取引している企業数の割合で、融資額の割合ではない。

(全文 643 文字 / 残り 434 文字)

同じキーワードのイベント情報