地方点描:苦しい船出[南秋田支局]

お気に入りに登録

 八郎潟町の一日市商店街活性化と買い物弱者対策を目的とした施設「はちらぼHOUSE(ハウス)・商店」がオープンして1カ月が過ぎた。町民でつくるNPO法人「HachiLAB(はちらぼ)」(野原静雄理事長)が運営を担い、総菜や焼きたてパン、生鮮品を販売。開業から数日は多くの客でにぎわったが、その後は客足が鈍り、苦しい船出となった。

 NPOによると、施設の1日平均の客数と売り上げは当初計画を下回って推移。野原理事長(67)は「施設の存在が町民に浸透するまで、ある程度時間がかかる」とした上で「雪の影響もあり高齢層の客が想定より少ない。早急に対策を検討したい」と話す。

(全文 652 文字 / 残り 370 文字)