あの店・この逸品[酒房GOU]ホルモン鍋 あっさりスープ人気

お気に入りに登録
自家製スープが自慢のホルモン鍋

 透き通ったしょうゆベースのスープの中で、くつくつと煮えるプリプリの牛モツ、キャベツ、豆腐、ニラ。「ホルモン鍋」(1人前税込み750円)は、美郷町六郷の居酒屋「酒房GOU(ごう)」の1番人気だ。冬に限らず夏でも注文する客は多い。自慢はスープ。牛モツから染み出たうま味がありながら、しつこさはなく上品な味わいが楽しめる。

 店主の加藤忍さん(50)は元競輪選手。20歳から26年間競技生活を送った。各地の競輪場に出向く中で「地方のうまい物を食うのが楽しみだった」と話す。自慢のスープも、食べ歩きがもたらした成果。5年ほど前に博多の料亭でもつ鍋を食べ、「あんなにあっさりで上品なスープは初めて」と衝撃を受けた。その味の記憶を手掛かりに試行錯誤しスープを完成させた。レシピは加藤さん夫婦のみ知る企業秘密だ。

(全文 851 文字 / 残り 502 文字)

お店の情報

美郷町六郷字米町60
TEL0187・73・5064
営業時間は午後5時半から
火曜定休

この連載企画の記事一覧