西武の秋山、自主トレを公開 下半身強化に重点

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
砂浜でトレーニングする西武の秋山=静岡県下田市

 昨季、初の首位打者と2度目の最多安打に輝いた西武の秋山翔吾外野手が13日、静岡県下田市で練習を公開した。約4・5キロのランニングに始まり、砂浜でのダッシュ、階段を利用したトレーニングと下半身強化に重点を置き「やりたいことを計画的にやって順調にきている。1年間、戦い切るための体力づくりをする」とうなずいた。

 昨季は打率3割2分2厘で、ともに自己最多の25本塁打、89打点をマークした。「タイトルを取るためというより、シーズンをやり抜くための準備。タイトルは最後の1カ月に意識するところにいられればいい」と静かに自信をにじませた。