宮迫博之、水木一郎との対面に感激 「アニソン歌手が夢」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
Zポーズを決める宮迫博之(左)と水木一郎 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之、アニソン歌手の水木一郎が13日、都内で行われた『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』(公開中)の初日舞台あいさつに出席。

【動画】水木一郎、マジンガーZ生歌唱に雨上がり・宮迫感激

 45年ぶりにテーマソングを収録したという水木がスペシャルゲストとして登場すると、宮迫は「こうして横に並んでいると、うれし過ぎて心臓がバクバクします」と感激した様子。「今はお笑い芸人やらせてもらっているけど、最初になりたかった職業はアニソン歌手。それこそアニキ(水木)にすごく憧れていました」と明かした。

 これを受け水木も「バラエティー番組で共演した時に、『僕はまだ夢がかなってないんです』って言うんです。こんな有名になっているのにって思っていたら、『夢はアニソンを歌うことなんです』って真面目な顔で言うんで、これは本気だなと思いましたね」とエピソードを披露。さらに原作者・永井豪氏に「もし新作の予定があったら、彼をぜひお願いします」とオファーして笑わせた。

 しめにはテーマ曲「マジンガーZ」を水木と登壇者が歌唱。最終的に会場全体での合唱になるほどの盛り上がりを見せていた。

 イベントにはこのほか、声優の森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、志水淳児監督が出席した。