秋田駐屯地60人ジブチへ 海賊対処活動あす派遣

お気に入りに登録

 アフリカ東部ソマリア沖での海上自衛隊による海賊対処活動の支援要員として、陸上自衛隊秋田駐屯地の隊員約60人を含む約110人が15日から、活動拠点のジブチに派遣される。任期は半年。

 海自はソマリア沖での海賊対策で、護衛艦による民間船舶などの護衛活動を展開。同時にP3C哨戒機による上空からの周辺海域の監視活動も行っている。同駐屯地から派遣される60人はジブチの空港周辺を拠点に、機体警護などの任務に当たる。

(全文 363 文字 / 残り 160 文字)