89歳、今も現役運転手 北鹿観光ハイヤー・山谷社長

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
タクシー会社社長の傍ら、89歳の今も現役ドライバーとしてハンドルを握る山谷さん

 秋田県北秋田市綴子にある「北鹿観光ハイヤー」の山谷昭治さん(89)は、社長業の傍ら今もハンドルを握る、県内最高齢の現役タクシー運転手だ。85歳で引退することを考えていたが、後継者を確保できなかったことや人手不足から、忙しいときに限って運転を続けている。「社長が事故を起こしたら笑いものになる」と言い、安全には人一倍気を付けているという。

 同社の運転手は5人で、通常はこのうちの3~4人が出勤している。注文や予約が重なり、ほかの運転手の手が回らなくなったときが山谷さんの出番だ。以前は1日10時間運転したこともあったが、年齢を重ねるにつれて減らしてきた。

(全文 870 文字 / 残り 593 文字)