杉玉青々、新酒完成をお知らせ 「かづの銘酒」新体制で初

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
軒先の杉玉を交換するかづの銘酒の従業員

 秋田県鹿角市花輪の酒造会社「かづの銘酒」の玄関先に13日、新酒の完成を知らせる杉玉がつるされた。昨年末、飲食事業を全国展開するドリームリンク(秋田市)の子会社となってから初めての新酒。「気温が低かったことで、きめ細かく滑らかな酒に仕上がった」とPRしている。

 従業員がはしごに上り、軒先に1年間つるされて赤茶けた杉玉を、直径約40センチの青々とした新品に交換。かづの銘酒前社長で取締役の田村清司さん(68)は「経営形態が変わっても酒造りは今までと同じ。地元の人に愛される良い酒を造り続けたい」と気持ちを新たにした。

(全文 429 文字 / 残り 171 文字)

同じキーワードのイベント情報