由利本荘の中学生、取り組み披露 ユーモア交え餅の研究発表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
身ぶり手ぶりを交え、分かりやすく説明する生徒たち

本年度チャレンジした取り組みを秋田県由利本荘市の中学生らが発表する「学ぶんフォーラム」が11日、市文化交流館カダーレで開かれた。中学生の活躍を多くの人に知ってもらおうと市教育委員会が初めて企画。教職員や市民ら約500人が話に耳を傾けた。

 発表したのは▽大内中科学部(6人)▽西目中科学部(同)▽市と友好交流協定を結ぶハンガリー・ヴァーツ市を訪問した代表者(2人)▽箕面市(大阪)との交流事業参加者(8人)▽鳥海中ジオサイト発掘隊(3人)―の5グループ。

(全文 715 文字 / 残り 489 文字)