情感込め軽妙に、味わいある語り 東成瀬村昔っこの会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
情感を込めて民話を語る東成瀬村昔っこの会員

 東成瀬村昔っこの会(佐々木慶子会長)の「初がたり」が13日、秋田県東成瀬村の地域交流センター・ゆるるんで開かれた。同会発足20周年を記念して県南地域の語り部も参加し、味わいのある語り口で来場者を楽しませた。

 第1部は同会員が6話を披露。「正月のどぶろく」では、老夫婦が役人からどぶろく没収を免れようとする様子を軽妙に表現。「あんこもちとびっき(カエル)」は、あんこ餅に「嫁が来たらカエルになれ」と言い聞かせたしゅうとめが、後に大変な思いをする様子をユーモアたっぷりに語った。

(全文 389 文字 / 残り 151 文字)

同じキーワードのイベント情報