北都銀、昨季覇者の再春館下す バドミントンS/Jリーグ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第1ダブルスで再春館製薬所の福島、広田組を2―1で退けた北都銀行の米元(左)、田中組=横浜文化体育館

 実業団バドミントン団体戦のS/Jリーグは14日、全国3会場で男女6試合を行った。昨季3位の女子の北都銀行は横浜市の横浜文化体育館で昨季覇者の再春館製薬所と対戦、2―1で競り勝って3連勝とした。女子は開幕4連勝の日本ユニシスが首位、1試合少ない北都銀行が2位、3勝1敗の再春館製薬所が3位となっている。

 第1ダブルスの米元小春、田中志穂組は、昨年の世界選手権で準優勝した福島由紀、広田彩花組と激突。1―1で迎えた第3ゲーム、粘り強いレシーブで優位に立ち、最後はスタミナで上回って接戦を制した。

(全文 521 文字 / 残り 275 文字)