母校明治大、星野仙一氏を追悼 野球部OB総会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
懇親会で亡くなった星野仙一氏の思い出を語る、明治大野球部の土井淳OB会長=14日、東京都内

 プロ野球楽天などの監督を務め、4日に70歳で死去した星野仙一氏の母校明治大の野球部OB総会が14日、東京都内で開かれ、約200人が星野氏を追悼し、冒頭で黙とうをささげた。懇親会では元大洋(現DeNA)監督の土井淳OB会長(84)が「前向きの闘志と負けん気があった。現役選手にはそういった気持ちを引き継ぎ、活躍してほしい」とあいさつした。

 同じ岡山県出身の土井会長は星野氏の呼び掛けで、同郷のプロ野球選手を集め、地元での野球教室などを通じ競技人口の拡大に尽力してきた。「仙ちゃんは故郷を大事にし、野球を愛する気持ちが誰よりも深かった」としのんだ。