佐々木希編集長の秋田ある記:きりたんぽ、本場の味のとりこ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
石垣代表から大好きなきりたんぽを取り分けてもらう希編集長

 秋田魁新報社「秋田の魅力発信」編集長の佐々木希さんが、本県の代表的な郷土料理・きりたんぽを取材した。

 訪ねたのは、きりたんぽの「本場」大館市で農家女性らが運営する体験交流型直売所「陽気な母さんの店」(石垣一子代表)。農産物の直売だけでなく、観光客らがたんぽ作りを体験し、きりたんぽ鍋を味わえる。このため、修学旅行の訪問施設などとしても人気が高まっている。

 きりたんぽが大好物で東京でも自分で調理して食べているという希編集長。「藩政時代、山で働く人たちが保存食としてご飯を杉の棒に巻いて焼いたのが始まり。それが、おもてなしの鍋料理に進化した」など、諸説あるきりたんぽの由来に耳を傾けた。

(全文 675 文字 / 残り 382 文字)

佐々木希編集長の秋田ある記:きりたんぽ、本場の味のとりこに

秋田魁新報