除雪事故防ごう、能代署員が講習会 消防署員に要点学ぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
はしごを立て掛ける際のポイントを学ぶ能代署員

 秋田県警能代署は16日、二ツ井消防署員を講師に迎え、除雪事故防止策の講習会を能代市の二ツ井交番で開いた。巡回時に住民に周知する狙いで、能代署員17人が学んだ。

 消防署員は、屋根の雪下ろしの際は命綱とヘルメットを必ず着用し、転落に備えて建物の周りに雪を残すことが重要と強調。能代市社会福祉協議会が高齢者宅の除雪用にヘルメットや除雪機を無償で貸し出していることも紹介し、周知を依頼した。

(全文 399 文字 / 残り 207 文字)