秋田県警の検挙率、2年連続全国トップ 認知件数2年ぶり最少

お気に入りに登録

 2017年に秋田県警が認知した刑法犯の検挙率は、前年比9・1%増の78・4%(暫定値)で、2年連続で全国トップとなったことが18日、県警や警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。認知件数も前年より519件(17・6%)少ない2428件で16年連続で減り、2年ぶりに全国最少となった。

 県警刑事企画課は「施錠徹底の呼び掛けや特殊詐欺への注意喚起など啓発活動に力を入れたことや、防犯カメラを設置したことが犯罪抑止につながっているのではないか」と分析している。

(全文 1025 文字 / 残り 799 文字)