消えゆく集落(1)雪 埋もれた家、夫婦で守る

お気に入りに登録

 百宅は県内でも有数の豪雪地帯として知られる。一晩に1メートル以上積もるなんてことは当たり前。積雪4メートルに達したこともあるんだ。

 この家は、百宅に3軒残るかやぶき屋根の家の一つ。いつでも雪下ろしができるように屋根には常にはしごが掛けてある。百宅では女性でも屋根に上って雪下ろしする光景を見掛けることがある。

(全文 532 文字 / 残り 377 文字)

【三浦繁忠(みうら・しげただ)】

 35年8月、神奈川県横須賀市生まれ。44年に両親の出身地・旧由利町に疎開した。矢島高を卒業後、自宅近くで農業を営む。中学生の頃からカメラに親しみ、現在全日本写真連盟ゆり支部長。由利本荘市前郷住。

この連載企画の記事一覧