バドミントン米元、田中両選手にふるさと市民賞贈呈 秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田ふるさと市民賞を受賞した米元(左)、田中両選手

 秋田市は19日、昨年12月に行われたバドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナル女子ダブルスで初優勝した北都銀行の米元小春(27)=広島市出身、田中志穂(25)=熊本県八代市出身=の両選手に、秋田ふるさと市民賞を贈った。

 市役所の「市民の座」で行われた表彰式には、斉藤永吉頭取や同行バドミントン部女子の選手ら34人が出席。穂積志市長が両選手に賞状とガラス製トロフィー、副賞の賞金(20万円)をそれぞれ手渡した。

(全文 669 文字 / 残り 461 文字)