太平山登山で80歳男性骨折、ヘリで救助

お気に入りに登録

 19日午後1時10分ごろ、秋田市の太平山前岳(774メートル)の登山道で、転倒し左足を痛めて動けなくなっていた市内の男性(80)を、登山中の60代男性が発見し、110番した。県消防防災航空隊が約1時間45分後に防災ヘリ「なまはげ」でつり上げて救助。男性は左脛骨(けいこつ)を骨折していた。

(全文 253 文字 / 残り 108 文字)