秋田商高教諭がわいせつ行為、懲戒免職処分に

お気に入りに登録

 秋田市教育委員会は19日、市立秋田商業高校の前期選抜試験を受験する予定だった中学3年の生徒の母親に無理やりキスしたり、交際を求めたりするなどわいせつ行為をしたとして、同校の40代男性教諭を懲戒免職とした。また管理監督責任を問い、佐藤武校長を訓告処分とした。生徒は今月30日に試験を受ける予定だったが、ショックを受けて辞退した。

 市教委によると、教諭は昨年12月4日夜、無料通信アプリLINE(ライン)で「(子どもの)受験のことで話がある」などと生徒の母親を誘い、市内の飲食店で食事をした。その後、近くの駐車場に止めた車内で母親を抱き寄せてキスし、交際を求めた。

(全文 705 文字 / 残り 424 文字)