SPはザギトワ首位、メドベ2位 フィギュア欧州選手権第2日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ=モスクワ(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートの欧州選手権第2日は18日、モスクワで女子ショートプログラム(SP)が行われ、グランプリ(GP)ファイナルで初優勝した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がほぼミスなしの演技を見せ、世界歴代2位の80・27点をマークして首位発進した。

 右足故障からの復帰戦となった世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)はダブルアクセル(2回転半ジャンプ)の着氷が乱れ、78・57点で2位。2014年ソチ冬季五輪銅メダルのカロリナ・コストナー(イタリア)が78・30点で3位につけた。

 20日(日本時間21日)にフリーを実施。