殺人容疑も視野 アパート放火の疑いで秋田市の男逮捕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
火事があったアパートの出入り口=2017年8月17日午前2時40分ごろ、秋田市外旭川

 昨年8月に秋田市外旭川のアパートで起きた火事で、秋田臨港署と県警捜査1課などは20日、現住建造物等放火の疑いで、秋田市泉北3丁目、無職木村洸(こう)容疑者(52)を逮捕した。この火事では、入居していた70代の男女4人がやけどを負って市内の病院に搬送され、うち男性1人=当時(76)=が約2カ月後に死亡。県警は殺人容疑での立件も視野に捜査を進める。

 逮捕容疑は、昨年8月17日午前0時15分ごろ、同市外旭川八柳3丁目のアパート「外旭川パレス」に火を付け、鉄筋モルタル3階建て約356平方メートルのうち、天井や廊下など約54平方メートルを焼失させた疑い。同署は認否を明らかにしていない。

(全文 697 文字 / 残り 405 文字)