千秋公園のこれから(4)お堀の保全 水質浄化なお課題

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ハスが全面を覆うように繁茂する夏場の大手門の堀=昨年8月

 秋田市の千秋公園は南と東に計4カ所あるお堀が特徴の一つ。市は検討中の新しい公園再整備計画に、お堀の上への遊歩道設置や、お堀に生えるハスの管理・利活用などを盛り込んでいる。

 遊歩道を通す計画があるのは、広小路と国学館高校に挟まれた「大手門の堀」。市はこの堀を東西に横断する形で遊歩道の整備を検討している。歩行空間を増やし堀に咲くハスの観賞場にしたい考え。

(全文 1094 文字 / 残り 917 文字)

この連載企画の記事一覧

同じキーワードのイベント情報