泉・外旭川新駅、周辺の防犯強化を 地元説明会で住民要望

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
防犯対策の強化を求める声が多く出た泉地区の住民説明会

 秋田市は21日、2021年春の開業を目指すJR奥羽線「泉・外旭川新駅」(仮称)整備に関する地元説明会を泉地区コミュニティセンターで開いた。住民109人が出席し、「防犯対策の強化」のほか、「トイレの整備」「新駅が起点のバス路線の構築」などを求める声が上がった。

 新駅予定地はJR奥羽線の秋田駅と土崎駅間(7・1キロ)で、秋田駅から3キロの菅野地下道付近(泉菅野―外旭川)。

(全文 623 文字 / 残り 437 文字)