容疑者、住人親族と金銭トラブルか 外旭川アパート放火事件

お気に入りに登録

 昨年8月に発生した秋田市外旭川のアパート火災で、現住建造物等放火の疑いで逮捕された同市泉北3丁目、無職木村洸(こう)容疑者(52)が、アパート住人の親族との間で金銭トラブルを抱えていたとみられることが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 関係者によると、木村容疑者は住人の親族の男性に100万円以上の金を貸していたという。木村容疑者は数年前まで自動車販売会社に勤めており、当時からこの男性と付き合いがあったとみられる。県警は、貸した金が返済されなくなり、木村容疑者が不満を募らせていた可能性もあるとみて、慎重に調べている。

(全文 553 文字 / 残り 290 文字)