秋田市内の風俗店8棟で消防法違反、設備の点検未実施など

お気に入りに登録

 昨年12月中旬にさいたま市の風俗店ビルで男女5人が死亡した火災を受け、秋田市消防本部が性風俗店が入る市内の建物8棟を対象に立ち入り検査をした結果、全ての建物で消防法違反があったことが、23日までに分かった。

 市消防本部によると、さいたま市での火災発生前の昨年12月12日に2棟の定期検査を行ったほか、同21~27日に6棟で避難経路や消防設備を確認・点検した。その結果、▽消防訓練の未実施(6棟)▽消火設備の点検未実施(5棟)▽防火管理者を選任していない(3棟)▽消防計画の未作成(3棟)―などの違反が見つかった。

(全文 533 文字 / 残り 276 文字)