奈良・大安寺で「笹酒祭り」 がん封じや無病息災願う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大安寺の「笹酒祭り」で、竹筒に入った酒を参拝客に振る舞う「笹娘」=23日午前、奈良市

 奈良市の大安寺で23日、青竹の筒に入れて温めた日本酒を飲んで、がん封じや無病息災を願う「笹酒祭り」があり、早朝から参拝客でにぎわった。

 奈良時代に62歳という高齢で帝位に就いた光仁天皇が、大安寺の境内に生えていた竹に注いだ酒を飲み、健康を保ったとされる故事にあやかった行事。この日は光仁天皇の命日とされる。

 午前8時ごろ、がん封じの祈祷が始まり、境内に太鼓の音が響いた。「笹娘」と呼ばれる着物姿の女性が竹筒に入れて、たき火で温めた日本酒を参拝客に振る舞った。