宜野湾市議会「安全軽視」と抗議 相次ぐ米軍トラブルに

お気に入りに登録

 沖縄県宜野湾市中心部を占める米軍普天間飛行場の所属機による事故やトラブルが相次いだことを受け、宜野湾市議会は23日「米軍の整備体制の緩みや安全軽視の姿勢を強く指摘せざるを得ない」とし、原因究明までの所属機の飛行停止や2019年2月末までの飛行場運用停止を日米両政府に求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

 宜野湾市立普天間第二小運動場への昨年12月の米軍ヘリコプターによる窓落下事故を受け、日米両政府は米軍機の小学校上空飛行を「最大限可能な限り避ける」と合意。しかし日本政府が同小上空での飛行を今月確認し、宜野湾市では米軍への不信感が強まっている。