草間弥生さんが祝幕をデザイン 松本幸四郎さんら襲名で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
草間弥生さんデザインの「祝幕」のイメージ画と松本幸四郎さん=23日、東京都中央区

 東京・歌舞伎座で開かれる歌舞伎俳優松本幸四郎さん(45)ら親子3代の襲名披露興行「二月大歌舞伎」で、前衛芸術家、草間弥生さん(88)デザインの「祝幕」が使われることが決まり、23日にお披露目された。

 幸四郎さんは草間さんの作品が大好きで、自ら手紙を送ってデザインを依頼したという。記者会見で幸四郎さんは「草間先生の作品には洗練された美しさを感じ、それは歌舞伎にも共通する。祝幕を力に、2月もつとめたい」と話した。

 祝幕のテーマは「愛を持って人生を語ろう」で、高さ約7m、幅約30m。2017年に制作した鮮やかな絵画3枚が黒地の幕に並んでいる。