立崎芙由子3位、バイアスロン欧州選手権 日本勢初の表彰台

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子7・5キロスプリントで3位に入った立崎芙由子=バルリダンナ

 バイアスロンの欧州選手権は26日、イタリアのバルリダンナで行われ、平昌冬季五輪代表の立崎芙由子(29)=自衛隊、北秋田市出身、米内沢高出=が女子7・5キロスプリントで3位に入った。国際バイアスロン連合(IBU)によると、IBU主催の国際大会で、日本勢が表彰台に立つのは初めて。射撃(伏射、立射各5発)で1度もミスせず、トップと15秒5差でゴールした。

 日本バイアスロン連盟によると、今大会は五輪前哨戦と位置付けられ、多くの五輪代表選手が出場している。

(全文 428 文字 / 残り 202 文字)

同じキーワードのイベント情報