犬っこまつり、主会場は総合体育館 湯沢で10、11日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大勢の人でにぎわった昨年の犬っこまつり。今年は主会場が市総合体育館周辺に移る

 秋田県湯沢市の小正月行事「犬っこまつり」が、今年は大型雪像を設置する主会場を市役所周辺から市総合体育館周辺に移して10、11日に開かれる。市役所周辺にある市中心部の商店街は従来通りサブ会場として小型雪像の設置などを行うことから、主会場とサブ会場が約1.5キロ離れての分散開催となる。

 まつりは2012年まで、現市役所庁舎が立つ中央公園グラウンドを主会場に開催。犬とお堂がセットになった大型雪像が20基以上並んでいた。13、14年は現庁舎建設のためJR湯沢駅前に移り、完成後の15年は同公園、16年からは市役所駐車場とその周辺を主会場にしていた。

 しかし、駐車場のうち雪像に使えるスペースは4分の1程度。向かいの中央公園と合わせても大型雪像は十数基しか設置できなくなった。さらに現庁舎は会議室やロビーの一般利用者が多く、雪像作りや撤去期間を含めて10日間ほど来庁者が駐車しにくい状況になっていた。

(全文 817 文字 / 残り 419 文字)