五穀豊穣を祈願、集落に歌声響く 三種町で「勝平鳥追い」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鳥追い唄を歌いながらかがり火の周りを回る子ども

 秋田県三種町上岩川の勝平集落に伝わる小正月行事「勝平鳥追い」が3日夜行われた。住民ら約100人が農作物を食い荒らす鳥を追い払う「鳥追い唄」を歌いながら集落を練り歩き、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈願した。

 200年以上前から伝わるとされる。1960年ごろいったん途絶えたが、勝平自治会が92年に復活させた。

(全文 423 文字 / 残り 266 文字)