五輪・立崎芙由子がインフル 幹人も体調不良、韓国入り延期

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
立崎芙由子

 平昌冬季五輪のバイアスロン代表6人(いずれも自衛隊)のうち、女子の立崎芙由子(北秋田市出身、米内沢高出)ら4人が体調不良で韓国入りを延期したことが5日、分かった。4日に日本選手団の本隊と韓国に入る予定だった。山瀬功コーチによると、7日に合流する。10日から女子の競技が始まるが、立崎は出場する予定。

 立崎は1月26日にイタリアで開かれた欧州選手権の女子7・5キロスプリントで3位に入った。帰国後にインフルエンザと診断されたという。夫の立崎幹人(小坂町出身、青森・野辺地高―早大出)、女子の古谷沙理、田中友理恵も体調を崩し、韓国入りを延期した。