世界各国の料理学ぶ 大潟村で住民と留学生交流

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参加者が各国の家庭料理作りに取り組んだ交流会

 大潟村国際交流協会(小山央会長)が主催する「国際ふるさと料理交流会」が3日、村民センターで開かれた。村内外から集まった参加者が、世界各国の料理を通して交流を深めた。

 村民と周辺市町村に住む外国人、国際教養大(秋田市)の留学生ら約40人が参加。作り方を教え合いながら、各国の家庭料理を調理した。

(全文 328 文字 / 残り 181 文字)