県当初予算案、総額5803億円 重点戦略に2624億円

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2018年度一般会計当初予算案

 秋田県は7日、総額5802億6千万円の2018年度一般会計当初予算案を発表した。知事選があり、実質当初予算となった前年度6月補正後の累計と比べ、83億円(1・4%)の減。09年の佐竹敬久知事就任後では最少となった。

 人口減対策を重視し、社会減2千人減の目標を盛り込んだ県政運営指針「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」(18~21年度)に基づく施策に2624億円を計上した。

 予算案は14日開会の2月県議会に提出する。

(全文 882 文字 / 残り 673 文字)