五輪、バイアスロン立崎夫妻ら合流 「休めて良かった」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
立崎幹人(左)と立崎芙由子

 【平昌共同】平昌冬季五輪のバイアスロン代表で、体調不良で韓国入りが遅れていた女子の立崎芙由子(秋田県北秋田市出身、米内沢高出)ら4人(いずれも自衛隊)が7日、合流した。4日に韓国に入る予定だったが、立崎芙はインフルエンザと診断されて国内で療養していた。

(全文 247 文字 / 残り 120 文字)