JA鷹巣町「森吉、阿仁支店を廃止」 北央との合併条件説明

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JAあきた北央との合併について説明したJA鷹巣町の座談会

 JA鷹巣町(秋田県北秋田市、斉藤一志組合長)は7日、同市の坊沢公民館で地区座談会を開いた。JAあきた北央(同市、大野重夫組合長)を吸収合併する方針について、あきた北央の森吉支店、阿仁支店の廃止などの条件を提示して、協議を進めていることなどを説明した。

 鷹巣町は2期連続で自己資本比率が8%を下回ったあきた北央から、昨年9月に吸収合併を打診され、理事会などで検討を進めてきた。合併は来年2月1日の予定。

(全文 526 文字 / 残り 325 文字)