羽後牛食べて合格! 受験生の昼食にステーキ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
笑顔で焼きたてのステーキを食べる生徒

 受験生の合格を祈願しようと秋田県羽後町は「特選羽後和牛合格ランチ」と銘打ち、羽後中学校3年生の昼食に、町特産「羽後牛」のステーキを提供している。家庭科の授業の一環として6~9日の4日間、1学級ずつ調理実習を行い、自分たちで焼いた肉を味わう。

 高校受験を応援するとともに、町特産品の素晴らしさも知ってもらおうと、今年初めて企画。町肥育牛組合(大森政範組合長)の協力で実施している。

(全文 428 文字 / 残り 238 文字)