太田の火まつり 紙風船に願い込め

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
40個の紙風船が揚げられた「太田の火まつり」

 第37回太田の火まつりが3日夜、秋田県大仙市太田町の奥羽山荘広場で行われ、地域の子どもたちや町内会などが作った紙風船40個が空に舞い上がった。住民有志でつくる実行委員会(鷹觜信行会長)の主催。

 紙風船には「家内安全」「大仙市大雨災害早期復興」などの文字や美人画、今年のえとにちなんだ犬のイラストなどがデザインされている。バーナーで暖かい空気を入れて紙風船を膨らませ、中の「火玉」に火を付けると、冬の夜空に高く揚がった。豊作を願う雪中田植えや冬花火、天筆焼きも行った。

(全文 309 文字 / 残り 75 文字)