寺田氏「野呂田氏発言」引き合いに迫る 地上イージス論戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
質問する寺田氏

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の導入に知事ら地元首長の了解は必要か―。8日の衆院予算委員会で質問に立った希望の党の寺田学氏(比例東北)。配備候補地に挙がっている秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を取り上げて住民の不安を訴えたほか、配備先決定までの過程を明確にするよう政府に求めた。

 寺田氏は新屋演習場と山口県萩市の陸自むつみ演習場の立地について比較する衛星写真資料を示し、新屋演習場がいかに住宅地に近いかを指摘。小野寺五典防衛相の地元・宮城県気仙沼市の市役所と近くの旅館との距離に重ねながら、「周辺住民の不安は想像がつくか」と迫った。

 小野寺氏は候補地が決まっているわけではないとしながら、「報道に関して心配している方々がいるなという印象はある」と答えた。

 寺田氏はさらに地元説明のタイミングなどを追及。元防衛庁長官の野呂田芳成氏が「地元への相談なしに配備を決めるというのは言語道断」と述べた秋田魁新報の記事を紹介し、地上イージス導入には知事ら地元首長の了解が必要と考えているかどうかをただした。

(全文 648 文字 / 残り 183 文字)