『バイプレイヤーズ』キャスト、ライブ配信番組に出演 50分間ノンストップトークで大盛り上がり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ライブ配信番組『Yahoo! JAPAN トークバラエティー おさわがせします』初回放送に『バイプレイヤーズ』キャストが出演 (C)ORICON NewS inc.

 Yahoo! JAPANの社内スタジオで放送される、ライブ配信番組『Yahoo! JAPAN トークバラエティー おさわがせします』の初回が5日、放送。テレビ東京系新ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(毎週水曜 後9:54~ 放送中。)からメインキャストの俳優の遠藤憲一、大杉漣、松重豊、光石研(あいうえお順)が生出演。スケジュールの都合がつかなかった田口トモロヲは欠席となった。

【写真】田口トモロヲは…パネルで参加

 ドラマの監督を務める松居大悟氏、フリーアナウンサーの塩地美澄がMCを担当。名前の“第2検索ワード”を元に、ゲストへの世間の関心事に迫る『Yahoo!検索トーク』では、遠藤が「強面」と「カワイイ」の両面のイメージが自身にあるといい「本当はどっちでもなくて、ただのダメな人なんだよ」と謙そんしながらポツリ。同局系の人気ドラマシリーズ『孤独のグルメ』の主演を務める松重は「大食い」の印象が強いことに触れ「あれは撮影に合わせて調節していて、本当は少食ですから」と意外な一面を明かした。

 サイコロを振ってトークテーマを決める定番の「サイコロトーク」では、大杉が「このドラマは撮影が終わっても、誰ひとりホテルに帰らなくて、みんなで仲良く居酒屋に行くんです。それで何を話しているかわからないくらい、食べたり飲んだりしていて、それがすごく楽しいよね」とにっこり。光石は「俳優の掟」を聞かれると「風邪を引かない、遅刻をしない、あいさつをする、セリフをちゃんと覚えてくる」と基礎的なことを忠実に守る必要性を説いていた。

 あっという間に放送時間の50分を迎えると、大杉が「もう終わりなの? 早かったね」と充実した表情。最後は、4人で放送後に行う“打ち上げ”を決めるじゃんけんを行うなど、ドラマ同様に仲睦まじい様子で番組を終えた。同番組のアーカイブ配信も予定されている。