アメッコ市、縁起物求めにぎわう 大館市で11日まで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
あめを買い求める家族連れらでにぎわうおおまちハチ公通り

 秋田県大館市の小正月行事「アメッコ市」は10日、市中心部のおおまちハチ公通りで始まった。この日あめを食べると風邪をひかないとの言い伝えがあり、縁起物のあめを買い求める多くの家族連れや観光客でにぎわった。11日まで。

 ミズキの枝に色鮮やかなあめを付けた「枝アメ」が飾られた会場には、19の菓子店が並び、ハッカやユズ、甘酒などさまざまな味の切りあめを販売。特設ステージ前では水あめを棒に絡めた「からみあめ」が振る舞われ、来場者が長い列をつくった。

(全文 446 文字 / 残り 224 文字)