フィギュア団体、女子SPに宮原 アイスダンスは村元・リード組

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
公式練習で調整するフィギュアスケート女子の宮原知子=江陵(共同)

 【平昌共同】10チームによる平昌冬季五輪フィギュアスケート団体で11日の女子ショートプログラム(SP)とアイスダンスのショートダンス(SD)の出場選手が10日に発表され、3位発進した日本は女子で宮原知子(関大)が8番、アイスダンスで村元哉中、クリス・リード組(木下グループ)が6番で滑ることが決まった。

 宮原は10日、本番リンクで公式練習に臨み、SPで着る衣装で調整。音楽を流した練習でルッツ―トーループの2連続3回転、3回転ループ、2回転半の三つ全てのジャンプを決めて調子の良さをうかがわせ「頑張ります」と意気込みを語った。