搾りたての新酒堪能 酒蔵開放で街にぎわう、由利本荘市矢島

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの人でごった返した試飲コーナー=天寿酒造

 秋田県由利本荘市矢島町の二つの蔵元で10日、酒蔵開放が行われた。県内外から大勢の日本酒ファンが集まり、酒蔵を見学したり新酒を味わったりして楽しんだ。

 酒蔵開放は「天壽」「鳥海山」の銘柄で知られる天寿酒造と、「出羽の冨士」を醸造する佐藤酒造店で実施。このうち天寿酒造では限定酒販売コーナーが人気を集めた。この日搾ったばかりの純米吟醸酒「朝しぼり生酒」と、「純米にごり生酒」を買い求めようと長蛇の列ができた。

 市販酒の試飲コーナーも人でごった返す盛況ぶり。地元業者による出店も並び、訪れた人は煮物や汁物を手に地酒を堪能していた。

(全文 544 文字 / 残り 281 文字)