古谷54位、立崎56位 バイアスロン・12日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子10キロ追い抜き 力走する古谷沙理=平昌(共同)

 バイアスロン女子10キロ追い抜きで自衛隊所属の日本勢は古谷沙理が37分2秒1で54位、立崎芙由子(秋田県北秋田市出身)は56位だった。ラウラ・ダールマイアー(ドイツ)が30分35秒3で優勝し、7・5キロスプリントに続いて今大会2個目の金メダルを獲得した。続いて実施の男子12・5キロ追い抜きに日本勢は出ない。(共同)