昼のかまくら楽しんで 横手市雄物川の民家苑

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
住民の手で会場づくりが進む木戸五郎兵衛村

 江戸―大正のかやぶき民家が移築、復元されている横手市雄物川町の民家苑「木戸五郎兵衛村」で15、16の両日、昔ながらの雪国の風情を味わってもらう「かまくらin木戸五郎兵衛村」が開かれる。

 旧市内のかまくらは日没後の幻想的な情景が人気なのに対し、同村の催しは日中が中心。地元住民がかまくらの中で餅や漬物、甘酒を振る舞うほか、古民家内でしめ縄作り体験、屋外では踏み俵・箱ぞり体験などが行われる。

(全文 531 文字 / 残り 336 文字)