全日本実業団バスケ、秋田銀行V 2年連続10度目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
最後の全日本実業団選手権を連覇で飾った秋田銀行チーム=大阪市中央体育館(チーム提供)

 バスケットボールの第50回全日本実業団選手権大会最終日は13日、大阪市中央体育館で男女の決勝までを行い、女子で秋田銀行が2年連続10度目の優勝を飾った。

 秋田銀行は決勝で鶴屋百貨店(九州)と対戦。序盤から互いに一歩も譲らず、第3クオーター終了まで同点だった。しかし最終クオーター、秋田銀行は果敢なドライブで攻め、フリースローを確実に決めて相手の追い上げを振り切り、61―58で接戦を制した。最優秀選手賞には、秋田銀行のガード星希望が初めて選ばれた。

(全文 413 文字 / 残り 188 文字)