「白子とうふ」が農水省局長賞 男鹿産マダイで濃厚な味わい

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
食料産業局長賞に選ばれた「天然真鯛 白子とうふ」(三和商事提供)

 食品産業センター(東京)主催の2017年度優良ふるさと食品中央コンクールで、三和商事(秋田県男鹿市、武田鋭彦代表)の「天然真鯛 白子とうふ」が、最高賞の農林水産大臣賞に次ぐ農林水産省食料産業局長賞を受賞した。来月6日に東京・霞が関ビルで表彰式が行われる。

 白子とうふは、男鹿市で水揚げされたマダイの白子を使用。「白神こだま酵母」を加えたフルーツもろみで下処理して臭みを抑えた。濃厚でクリーミーな味わいに仕上がっている。

 白子とうふは、同店やインターネットで販売している。1個(55グラム入り)864円。

(全文 526 文字 / 残り 274 文字)