北都銀バド・佐々木監督「壁あっても諦めないで」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「世界一になれることを証明したい」と語る佐々木さん

 北都銀行バドミントン部監督の佐々木翔さん(35)による「バドミントンを通じて培った経験を人間形成につなげるために」と題した講演会が10日、秋田県八郎潟町の農村環境改善センターで開かれた。八郎潟町体育協会(齊藤久治郎会長)の主催。町民約100人が耳を傾けた。

 佐々木さんは北海道出身。バドミントン男子シングルスでロンドン、リオデジャネイロ両五輪に出場し、2016年9月に引退した。同年11月に北都銀バドミントン部コーチに就任し、17年7月から監督。同部は4日に終了した社会人バドミントン団体戦のS/Jリーグで過去最高の2位となった。

(全文 534 文字 / 残り 268 文字)