県内公立高一般入試、願書受け付け始まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
受験票を受け取る中学校教員(左)=秋田市の新屋高校

 秋田県内公立高校入試の一般選抜の願書受け付けが14日、各校で始まった。16日正午に締め切り、県教育庁が各校の志願倍率をまとめて発表する。志願先変更は19~21日に受け付ける。

 秋田市の新屋高校(和田央校長)では、午前9時の受け付け開始後、中学校教員が入学願書の入った封筒を手に次々と訪れた。高校の事務職員は願書の記載内容を確認し、受験票を手渡した。

(全文 378 文字 / 残り 203 文字)