「もてなし」テーマに52点 秋田美大が作品展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
個性豊かな52点が並んだ作品展

 秋田公立美術大学ものづくりデザイン専攻の3年生27人による作品展「きもちのかたち」が14日、秋田市中通のアトリオンで始まった。「もてなし」をテーマにした木工、陶芸、ガラスなど多彩な分野の52点が来場者を楽しませている。17日まで。

 学生は昨年10月から作品制作を開始。それぞれの視点で、相手を思いやる気持ちを表現した。

(全文 439 文字 / 残り 279 文字)